倶楽部の概要・歩み

倶楽部の歩み

1959(昭和34年) ゴルフ場用地を買収。 現地事務所前にて(中央が創業者の片岡梧郎氏)
1960(昭和35年) コース造成開始。
1963(昭和38年)

当初のクラブハウス、及び葉山国際カンツリー倶楽部(18ホール)完成。

旧西コース9,18番ホールと初代クラブハウス

1964(昭和39年) 新葉山カントリークラブ(18ホール)造成開始。 東コース、現エメラルドコース16番ホールティ付近
1966(昭和41年)

新葉山カントリークラブ完成。鉄筋4階建の旧クラブハウス完成。

2代目クラブハウス
1967(昭和42年) 葉山国際カンツリー倶楽部(西コース)と新葉山カントリークラブ(東コース)を統合し、
36ホールとなる。名称も葉山カントリー倶楽部に変更。 旧東コース(現エメラルドコース)
1970(昭和45年) 新コース(18ホール、現ダイヤモンドコース)造成開始。 現ダイヤモンドコース10番ホール付近
1972(昭和47年)

新コース完成。西コースを閉鎖(現・湘南国際村)。

 現ダイヤモンドコース4番ティーからの眺め
1973(昭和48年) 新コースをダイヤモンドコース、新葉山カントリークラブをエメラルドコースと名称変更。
1974(昭和49年) 日本ゴルフ協会(JGA)、関東ゴルフ連盟(KGA)に加盟。
1977(昭和52年) 倶楽部名を葉山国際カンツリー倶楽部とする。
1985(昭和60年) フロント業務と会員管理にコンピュータシステムを導入。
1988(昭和63年) ダイヤモンドコースのベントグリーンが完成し、高麗とベントの2グリーンとなる。
1989(平成 1年)

エメラルドコースのベントグリーンが完成、高麗とベントの2グリーンとなる。

3代目クラブハウス
1995(平成 7年) 1月に新クラブハウスがオープン。
2001(平成13年) ターフメイトを廃止し、乗用カートを全面運用。
2002(平成14年) 両コースとも2ベントグリーン(ペンクロス・L93)が完成し、使用開始。
2003(平成15年) 11月よりカート運行管理ナビシステム導入。
定休日を廃止。
金属鋲のゴルフシューズを使用禁止に。
祭日の本社予約をゴルフ場へ変更。
2004(平成16年) ダイヤモンドコースをオールキャディ付きにする。
2005(平成17年) 名誉理事長に片岡秀子氏就任。理事長に井上裕之氏就任。
2006(平成18年) 葉山町80年の歩み発行。レストラン及びラウンジ絨毯張替改装。「若葉会」月例500回達成。
2007(平成19年) 顔写真付新メンバーズカード発行開始。ジュニアゴルファー育成委員会発足。
2008(平成20年) 「倶楽部45周年の歩み」記念誌刊行。ダイヤに新型乗用カート55台導入。VIPルーム絨毯張替改装。
2009(平成21年) 会長に片岡秀子氏就任。社長に片岡雅敦氏就任。分割預託金制度導入。クラブアゼリア運用開始。
2010(平成22年) 名誉顧問に小泉純一郎氏就任。月曜セルフ営業開始。エメ新カート50台導入。エメ16番5千トン貯水池完成。
2011(平成23年) 災害用備蓄開始(200名1週間分)。ツアーフィットネスカープロアマ開催。会則及び細則大幅改定。
2012(平成24年) 本社が麻布十番から西麻布に移転。クラブバス往復12便運行開始。東日本大震災義援金合計200万円寄付。名誉会長に片岡秀子氏就任。会長に井上裕之氏就任。
2013(平成25年)

開場50周年 記念誌刊行。エメラルドコースのワングリーン化改造工事開始。

エメラルドコース1番改造前
エメラルドコース1番改造後
2014(平成26年)

エメラルドコース ワングリーン化改造工事完了。

2015(平成27年) クラブハウス 正面玄関及びロビー等改装。
エメラルドコース スタートホールへのスロープカーを新車交換。
関東女子倶楽部対抗神奈川会場予選競技開催(エメラルドコース)
2016(平成28年) ダイヤモンドコース カート道路改修。
春の叙勲 井上裕之理事長(元東京商工会議所副会頭)「旭日中綬章」授章(経済産業省推薦)
クラブハウス 女子ロッカー室拡張。
2017(平成29年) 会報「葉山」100号記念誌刊行。
ページTOPへ